Wednesday, September 16, 2009

サーモンのフレッシュトマトソース
























お魚、だーい好き。でも日本と違い、ここニューヨークでは、安くて新鮮な魚は期待できない。少なくとも私の近所のスーパーでは、恐ろしげなる名前の、いかにもお亡くなりになった感じの魚にしかお目にかかれない。マンハッタンの高級スーパーに行けばまた話は別だが、そこには他の客の注文する様を見て満足している私などが買うような魚は横たわってはいてくれない。唯一近所のスーパーでも売っていて、安くておいしい、しかも馴染みのある魚といえば、なんと言ってもサーモンである。マグロ(ツナ)は水銀が心配なので、基本的に買いたくないし。


サーモンでも何でも、魚は私にとっては贅沢品なので、買ったら絶対においしく食べたい。このサーモンは実は友人にもらったのだが、それでも絶対においしく食べたい。魚の味を損なわずに。しかし長らく冷凍庫に眠っていたものなのでよく火を通したい。うーん。そうだ、トマトで煮よう!


*サーモンのフレッシュトマトソース*


**** 材料 ********************************************
サーモン(一切れ)
にんにく(1〜2片)、オリーブオイル
熟したトマト(1個)
玉ねぎ(小半分)
にんじん(半本)
セロリ(半本)
ベーコン(1〜2枚)
***作り方********************************************


1。ベーコンと野菜を全てみじん切りにする。
2。鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて火にかける。いい匂いがしてきたら、トマト以外の1を入れて炒める。
3。トマトを入れて煮る。塩こしょう。トマトから水分が出てきて全体が馴染んだら火を止める。
4。サーモンに軽く塩こしょうし、電子レンジに入れて、火が通るまで2〜3分チンする。
5。火が通ったサーモンを3の鍋に入れて上からトマトソースをかぶせ、蓋をして2〜3分蒸し煮にする。
6。仕上げに蓋を取って、お好みでソースの水分を飛ばし、お皿に盛ってできあがり。


******************************************************


ソースに生のトマトを使うことにより、こってりサーモンがあっさりと食べられる、満足度の高い一品に仕上がりました。しかもベーコンが意外にサーモンにマッチ。ご飯にもパスタにも合うし、言うことなし。リピ決定です。ぜひぜひお試しあれ〜♪

▼作りたい!と思ったらクリックだっぺよ!


▼おいしそう!と思ったらクリックだっぺよ。
にほんブログ村 料理ブログへ
今日もありがとう。

2 comments:

Toshi said...

やって見ました~ 
しかし3.のトマトを煮るがいくらやっても水分が出てこない!-普通のじゃなくてやや楕円形のやつであまり熟してなかったからかな?-他の野菜が焼きすぎになってしまいそうだったので汁が出るまで待てずにサーモンを投入、最後の仕上げに白ワインを加えた(作ってる時にすでに飲み始めてたので!) 
出来はナカナカ、確かにトマトのせいであっさり味、他の野菜、ベーコンもいい味わいになってサーモンとよくマッチしてた、確かに満足度の高い一品!白ワインにもよく会い、パン(7Grain/Whole Wheat)がめっちゃすすんでしまった! 次回はも少し熟したトマトを買います。

Yuriko Katori said...

おお〜作って下さいましたか!ありがとうございます!そうなんです、熟したトマトがいるんですよね。レシピに付け加えておきます。ご報告ありがとうございました!ご飯も進みますよ!ご飯は炊く時にバターと塩少し加えて炊いて、バターライスにするといくらでも食べられてしまうので要注意です!