Tuesday, August 15, 2017

今日のりーぬ


今日のNYは、朝からアメです。

↓いつもありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ

Wednesday, August 9, 2017

読書の日


近所のカフェで、本を読む。

なぜか家よりも集中できる。不思議。

ますますブラームスが好きになりました。

↓いつもありがとう!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ

Sunday, August 6, 2017

エビと豚肉とチンゲンサイのクリームソースパスタ


もう一品、冷凍エビ料理。

*エビと豚肉とチンゲンサイのクリームソースパスタ*(目分量)

1。パスタを茹で始める。
2。フライパンにバターを溶かし、にんにくのみじん切りを炒める。豚肉を入れ、軽く炒める。
3。2にエビを入れて炒め、塩こしょうする。チンゲンサイも入れ、炒める。
4。3に生クリームとパルメザンチーズを入れ、とろりとするまで煮詰める。
5。茹であがったパスタを4に入れ、ソースを絡める。お皿に盛って、出来上がり!

お皿に盛ったところで、さらにパルメザンチーズをかけると、ますます美味。

お肉のコクが、エビの味の隙間をカバーして、より豊かな味わいに。
お試しください♪

↓いつもありがとう♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ

Thursday, August 3, 2017

エルサルバドル風エビ炒め



ある日、冷凍庫を開けると、なぜか買った覚えのないエビ様が。。

留守中にサブレットしていた子が残していったようだ。

というわけで、いつかブルックリンにあるエルサルバドル料理屋さんで食べたエビ炒めを作ってみた。予想レシピですが、まずまず的中の味!簡単です。

*エルサルバドル風エビ炒め*

1。フライパンにバターと刻んだガーリックを入れ、弱火で炒める。
2。エビを入れ、強火で炒める。塩コショウ。少し水を入れる。
3。白ワインを適当に入れ、煮詰める。できあがり!

*サイドには、薄い短冊切りにした人参とズッキーニを、バターとエビ炒めの汁で炒めたものを添えると、なお良い。

ポイントは、塩こしょう+ガーリック+バター+白ワイン。
白いご飯に合うんだよね!

↓お試しください♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ

Friday, July 28, 2017

アクアパーク品川に行ったって話だっぺよ

そういえば、おらよ、帰って来る前によ、アクアパーク品川に行ったんだっぺよ。

アクアパーク品川、有名なんだっぺ?んだ、んだ。TOKYOにある、水族館だっぺ。

友達とよ、その子と三人でよ、ちょっくら行ってきたんだっぺよ。

エイとマンタがひらひら泳いでてよう、綺麗なもんだったなあ。

それから、イルカショーもえがったっぺよ。



イルカってよ、人を乗せて水の上おっぱしったりよ、こーんな高くジャンプしたりよ、すげえのなんのって。

おら、ぶったまげちったっぺよ。

もっとぶったまげたのはよう、イルカがよ、客席に水をおっかぶせるとこがあんだけんども、カッパさ着て、全身ずぶぬれになるべっつって、わざわざ座りにいく客が、結構いんだよな。つってもよ、ちょっくら掛かんじゃねえんだよ、水がよ、バケツ10杯分ぐらいおっかぶさったみたくなんだよ。んだよ、ずぶぬれ。それをわざわざよ、おめえさん、かぶりにいくっつんだからよ。

すんごいもんだよなあ。

んだけどよう、おら一番ぶったまげたのはよう、ほらよ、最初の絵にあっぺよ、おらイヤリングを片方よ、落としたんだよなあ、どこでか分かんねかったんだけんども。途中で気付いて探したんだけんど、見つかんねえんだよ。買ったばっかりだったし、情けねくてよ、受付のお姉さんとこさ行って、届いてねえか訊いたんだっぺよ。

「届いておりません」

あんなもん、米粒みたいにちっちぇえしよ、仕方あんめえよ。おら、諦めたんだっぺよ。いちおう届けだけは出しといたんだけんど。そしたらおめえさん、次の日によ、電話がかかってきたんだっぺよ!

「ございました」

おら感激してよ、一緒に行った友達によ、教えたんだっぺよ。

「そりゃ戻って来るよー。イブサンローランの財布が戻って来る国だからねー。」

あんまり当たり前に言うもんだからよ、NYにいる友達にも教えたんだっぺよ。そしたらよ、

「そういえばNYでも、無くした財布の中身が戻って来たって話題になったこと、あったね。」

なんだっぺ、それ?

「盗んだ人から、財布に入ってたクレジットカードとメトロカードが、持ち主に送られて来たんだって。封筒に手紙が一枚入ってて、

”カード類は返します、でも大麻を買いたいんで現金はもらいます、メトロカードももらいます、今や電車賃も$2.75ですからね…”

って書いてあったのが新聞に載って、ニューヨーカーの共感を呼んだって話。なんか、分かる気がするよね。」

んだっぺなあ。


↓アクアパーク品川、よかったです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ

Monday, July 24, 2017

ただいまNY


帰ってきました、ニューヨーク。

元気だったか、ニューヨーク。


帰って来てからの夜の光景 in ブルックリン(りーぬ家)↓

日本も暑かったけど、うん、ニューヨークも相当負けてないね。

(毎年同じ絵を描いてる気もするが。。)


そして、暑さに耐えかねてクーラーを設置した途端、なぜか、


こうなるのだった。。。


それでこそ、ニューヨーク。

ありがとう、ニューヨーク。


↓毎年恒例。笑
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ

Monday, July 10, 2017

スニーカーで山に登ってきた話〜白駒池・乳にゅう

打ち合わせはしておりません

「かる〜い。」

感じで、山に登ってきました。友達あいちゃんにおまかせしすぎたため、行き先もよく知らないままに。。(おいおい)

スニーカーにトレーニングウェアという超軽装。でもあいちゃんもほぼ同じ格好だった。なぜか色合いまで。奇遇すぎ。

朝一の北陸新幹線で、東京から長野の佐久平まで、約一時間半。ちかっ。

新幹線、すごー。

音もなくやってくる新幹線にシビレる

佐久平から、千曲バスに揺られること一時間強、「白駒池」に到着。

この池の周りには、以前あいちゃんが来て感動したという、苔で覆われた人の手の入っていない森があるのだ。話に聞いていた通り、まさにコダマの生息していそうな神秘的な森に感動しすぎる我々。(素敵すぎるため絵は省略)

しかし今回の目的は、その他にもあった。前回あいちゃんが達成できなかったという(携帯を落としたため)、白駒池の先にある「乳(にゅう、にう、ニュー)」に登ることである。

軽いトレッキング程度だよねきっと、と余裕をかましていた我々。

しかし、登り出すと、ですね、、、


超傾斜。

超岩だらけ。

超誰もいない。。

というか、道がない。。。

不安のあまり顔を見合わること、三分に一度の頻度。

「こ、、この道でいいんだよね。。。!?」

確認するも、さらに不安になる我々。

こりゃあ、「遭難」も、するだろーな。。。

しかし完全に迷いそうになると、絶妙の位置に赤いテープが現れ、我々の危機を救ってくれるのだった。

昨夜の雨で、足場はぐちゃぐちゃ、スニーカーは泥だらけ。なんとか道なき道を進んでいく。しかし、登っても登っても、山は終わらず、傾斜は激しくなる一方。

「私は何のために登っているんだろう?」
「そこに、山があるから。」
「いや、だから、何で。。??」

登りながら脳内で繰り返される禅問答。ちなみに答えはまだ出ていない。

そして二時間が経過。ついに山頂へ!もはや息も絶え絶えである。ぜーはー。

乳の山頂にて。高かった。。

山頂は、まだ転がり落ちてない岩の集合体といった感じで、まさに三角形のてっぺん!遠くには山々が青く連なり、雲が霧のような姿でこちらへ流れてくる。

そして、自分の立っている岩の向こう側をちょっとのぞくと、そこには見てはイケナイ感じの急斜面が。。ぞわ〜。。。

す…すごい場所に来てしまったーーー

ていうか、わたし、高所恐怖症だったーーー ガーン

二時間の労働のご褒美が崖の上の恐怖ーーーますます何のために山登りをするのか不明になり、すぐにでも山を降りたくてソワソワしだす私。その横で見晴らしの良い景色に感動しているあいちゃん。そんな私達の横でお湯を沸かし、カップヌードルをゆうゆうと食べるベテラン登山者たち。。。そういえば…腹減ったーーーグー

ところで、山頂にはなぜかハエが多かった。よく見ると、岩肌にハエが何十匹もはりついていた。なぜなんだろう。。

時計が1時を回ったので、いざ下山。平日の佐久平駅ゆきのバスは、3:55発だけなのだ。絶対に逃せない!しかし、降り始めたら、あっという間にふもとに着いてしまった。あんなに大変だった登りは、一体なんだったんだ?狐につままれたような気分。

白駒池の茶屋で一息つき(あいちゃん:カレー、私:きのこ汁)、バスにまた揺られて、無事に佐久平駅へ到着。



最後は、佐久平駅近くの蕎麦屋の信州そば(おろしそば+生卵)でシメ、下界の良さを再確認。再び新幹線で、無事、東京に帰還。日帰り山登り、できるもんだね〜!

ドロドロになったスニーカーが、ちょっとだけ誇らしかったです。

↓もののけの森、良かったです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ